アドセンスブログで稼ぐにはキーワード、カテゴリー選びが重要です。単価が高いのは?

アドセンス自体単価が下がってきているので、月1万円稼ぐのもかなりのアクセスが必要です。

そして、ブログのキーワードもとても重要で、それによってかなり単価が違ってきます。

どんなキーワードがいくらとかは、規約で言ってはいけないですし、

そんなに正確に表せるものではないので、大まかにカテゴリーでの説明になります。

単価が期待できるカテゴリーとは

ブログ全体として、どんなキーワードが多い方がいいのか?

雑記ブログの場合は、カテゴリーわけてして記事を書く訳なので、

一つに絞るということにはならないわけですが、それでも単価が高くなる広告が出るようなカテゴリーを意識する必要があります。

広告主がどんなところかを考えれば自然と分かるわけですが、

ビジネス系、特に、投資とか、起業とか、独立とかが高くなります。

沢山お金が動く世界ほどもちろん広告主は大きなお金を払う事になるので、

広告の単価も高くなるわけです。

また当然ですが、金融系も単価が高いです。

融資とかキャッシングとか、カードローンとか金融系になりますが、

私は、事業ローンとか、ビジネスローンとかで結構な単価を得ていました。

ビジネスも方では、フランチャイズとか、脱サラ独立開業などで高い単価を得ていました。

在宅副業や在宅ワークなども結構単価は高かったですが、独立開業の方がずっと高かったですね。

これは月30万程アドセンスで稼いでいた、SEOを主体としていたずいぶん昔の話なので、

今も必ずしもそうとは言えませんが、高い単価は、このようなキーワードなのは変わらないでしょう。

アクセスの集め安い物は単価が低い

アニメとか漫画は、アクセスは集めやすいです。

特にSNSから集めやすいカテゴリーになります。

しかし、単価は低くなります、ゲームの方が若干高いと思います。

トレンド系で言うと、政治系は、アフリが殆どないので、

アクセスはとても集めやすいです。

K国ネタ、C国ネタ、最近だと米大統領ネタは、アクセスを集めやすいです。

またアクセスを集めやすいキーワードとしては、新型コロナ系のネタ。

ワクチンの記事などはアクセスは集めやすいです。

しかし、広告主は少なく、当然単価も低くなります。

つまりアクセスを集めやすいキーワードは単価が少ないわけです。

両方をバランス良く記事を書く

つまりアクセスを集められるキーワードカテゴリーと、

単価が高いキーワードカテゴリーは正反対の物が多いのです。

ですから、アドセンスで効率的に稼ぐためには、これらをバランス良く使う必要があります。

難しいのは、あまりに煩雑な雑記にしてしまうと、

ブログの中で回遊してもらう率が少なくなるので、

単価が高い低いにかかわらず、クリックしてもらえなくなるので、

アクセスも単価もそこそこいいのに、意外と稼げないものになってしまいます。

ここの場センスのとりかたが重要で、ある程度単価を犠牲にしても仕方がありません。

アクセスがなければ稼げないわけですから、

アクセス6割、単価4割、またはアクセス7割、単価3割で、

まずはアクセスを沢山集める事をメインに考えた方がいいでしょう。

そこに関連する単価が高くなりそうな記事を入れていくという方法をとりましょう。

ちょっとだけ具体的に解説すると、例えば新型コロナ緊急事態宣言に関する記事でアクセスを集め、

在宅副業に関する記事に繋げるという方法です。

これならば関連性があるので、コロナの記事でアクセスした人の何割かが、

この記事に回遊してくれる可能性があるわけです。

アドセンスだけでは厳しい

今はアドセンス単価が下がっているのもありますし、

法人や公式サイト、肩書きや資格を持っているドメインでないと、

SEOが殆ど効かないので、検索エンジンからアクセスを集められないので、

6桁を網戸瀬かすで稼ぐのは大変ですし、

時間もとてもかかりますから、他の報酬が発生するものも取り入れる必要があります。

とりあえず、今回のお話はここまでです。

ああ、もちろん今ブログで稼ぐには、SNSとの連動が必修で、

SNSからアクセスを集めるためには、過去記事の自動投稿も必要です。

SNSはどんどん新しい投稿が消えていくので、

検索結果のようにずっとそこに表示されている訳では無いからです。

SNS連携WordPressブログ無料設置します!TwitterとFacebook自動投稿で、ほったらかしアフリできます~
エックスサーバ1月21日迄、12ヶ月契約で5,000円~30,000円キャッシュバックやっているのでお早めにブログを書き続けるよりも、ある程度の記事を設置して、TwitterやFacebookに投稿したほうが全然楽です。Wo...
タイトルとURLをコピーしました