ブログで稼ぐためのキーワード、ブログテーマの選定方法解説動画

ブログで稼ぐための解説動画

タイトル・ジャンル・キーワードの必要性

SNSアフリでもブログキーワードが重要な理由と調査

アドセンス用・SNS用キーワード解説・プレゼント付き

アドセンスブログ具体的なキーワード選定について①

主にアドセンスや、一般アフリエイトで使うキーワードについて

ほったらかしアフリの具体的なキーワード選定について②

ツール系アフリエイトのキーワードについて(ほったらかし自動SNSアフリ用)

↑アフリキーワードプレゼント有ります。

LINE登録でのプレゼントもあります

友だち追加

7桁稼げた方の内訳インタビュー動画

キーワード販売&ノウハウ&サポート

動画の中で紹介しているキーワードを販売しています。

調査収集キーワード数おおよそ18000個

もちろんご自身で有料ツールを使って、キーワードを集めればいいので、購入しなくても自分でできる方は不要でしょう。

ただ時間と、ツール代金、また最初に思いつくためのキーワードの選定などを考えると、時短なはなると思います。

アドセンスブログ、その他アフリでじっくりと取り組んで稼げるブログを作って行きたい方向けです。

アドセンス予想単価も色で安い、高い、期待できないを目安として色分けしています。

■Kセット 全キーワード集 29,800円
■Jセット K+SNS投稿自動化構築ノウハウ+0.6円記事外注ノウハウセット 39,800円https://group-office.jp/osusume/jidouka
■Sセット K+J+3ヶ月間チャットワークでのサポート 59,800円
サポート付きの方には、この間に更にキーワードを追加して差し上げます。
アドセンス用ブログキーワードだけでなく、SNSアフリ専用のキーワードも。

ご注文後、ペイパルでのお支払い方法をご案内させて頂きます。

1月31日迄の特典として、ご希望の方にこちらの商品の中から1つをプレゼントさせて頂きます。ご注文時に問い合わせ欄に欲しい商品を書いて下さい。

テキスト解説編


以下は動画の内容をテキストにした物です。

ブログのタイトル

アフリ全盛時代では、サイトタイトルにキーワードを含ませるのが定番でしたが、

今、ブログで稼ぐのに、タイトルにキーワードは不要です。

覚えてもらえるような、簡単でユニークで、独自性のあるものにしましょう。

ブログタイトルで検索してもらえるようになれば最強です。

ブログのテーマ

テーマと言っても外観のテーマやスキンの事ではありません。

そのブログが何を発信しているのかというテーマです。

テーマは、一つのことに絞り込む方法と、雑記に近い物と大まかに分けて2種類の方向があります。

もし、特定の事に絞り込むのであれば、それでも良いのですが、

そのことについて深く割り下げる必要があります。

また、記事を沢山作るのが困難になります。

さらにSEOでアクセスを集めるのが困難で、SNSだけを頼りにする事になります。

単純に、稼げるキーワードで絞り込んで、SNSでアクセスを集めてアフリするだけの場合は、

テーマを絞り込んで、繰り返し、自動投稿するという、

前回の動画で解説した方法でアフリをしていくのであれば、それでもOKです。

テーマを例えば、脱毛に関することとか、スキンケアに関することとか、

育毛に関することとか、1つに絞り込んで作る場合、

昔のアフリサイト全盛のブログになりますので、

SEOでアクセスを集めるのはかなり絶望的です。

もちろん、検索エンジンの動向は今後変わるかも知れません。

グーグルとか独占禁止法で提訴され、もしかしたら大きく変化するかもしれません。

ただし、今は、絞り込んだテーマで作った場合、SNS以外からのアクセスの流入は期待できないので、

アクセス数の総数が鍵となる、安定的なアドセンス収入などではもちろん不利です。

今回は、主テーマが、ブログのキーワードですので、テーマを絞り込んだブログは置いておいて、

広いキーワードを扱う、範囲の広いブログのテーマについて解説していきます。

ただし、雑記ほど広げて何でもありというのは止めた方が良いです。

雑記的な広範囲に渡ったとしても、1つのテーマがブログに存在していればOKです。

どんな趣旨でそのブログを作っているのかとという主テーマは持つようにしましょう。

たとえば、「老後も安心して生活するための今できる事」などというテーマで作ったとすれば、

貯蓄、投資、年金、仕事、転職、副業、ローンなど、

そのテーマに沿った形で、そこに結びつく様な記事を書いていくことができますから、

書ける記事やキーワードは無限に広がっていきます。

もちろん、だからといって、主テーマのための記事でなければ、

読んでくれるファンは増えていかないでしょうから、

記事を書くときには、必ず、そのキーワードを主テーマに結びつく様に書くべきです。

キーワード選定は必要か?

かつて、SEOアフリエイトが主流の時には、キーワード選びが何をおいても最重要でした。

というか、それがほぼ稼ぐための全てに直結したものでした。

しかし、今は、キーワードなんて気にしなくても、Twitterでトレンドになっている事を呟くだけで

アクセスが来ますし、トレンドになっていなくても、TwitterなどSNSで検索するので、

SNS検索されるので、そこからアクセスがきます。

ただ、SNS検索でも、ある程度その需要が検索エンジンでも検索されているキーワードである可能性が高いです。

両方に共通するキーワードで記事を書いた方が、長い目で見て安定的にアクセスが呼び込めるということです。

ですから、特にアドセンスブログで稼ぎたいという方には、キーワード調査というのは、

今でも重要なである事にかわりはないのです。

そして、SNSでアクセスされるようになると、検索エンジンも評価を高めます。

検索エンジンは、他のところからアクセスがあるページは当然価値の高いページとして捉えます。

だから、自然と検索エンジンからもアクセスが産まれる様になるのです。

ただし何度も言いますが、公式サイトや法人サイトが圧倒的に強いので、

そのようなサイトが押さえているキーワード、たいていアフリで儲かるキーワードなわけですが、

そういうキーワードを狙っても、SNSではある程度アクセスが来ますが、

検索エンジンからはまず来ないので、そこは避けた方がいいわけです。

このことは、必ず頭にいつも置いておいて、キーワードを考えましょう。

(SNS自動化アフリエイトの場合は気にしなくて良いです)

新しく産まれたキーワードを調べる

グーグルトレンドは、過去の振り返りができますので、

最近産まれたキーワードを確認することができます。

Google トレンド

一時的に増えたキーワードを追いかけて記事を書くのは、

ただのトレンドアフリブログになるので、安定的に長くアクセスを維持できませんが、

新しく産まれて長く継続しているキーワードなどを確認するのにはいいでしょう。

たとえば、テレワークなどというキーワードだったら、継続的にアクセスは有るんじゃないだろうか

とか考えることができますよね。

もちろん一時的にトレンドになるキーワードも時には記事にするのもいいです。

ただし、無理にそればかり追って書くのではなく、ブログの主テーマに関する物だけ、

自分が熱意を持って書ける物だけでいいです。

ついっぷるトレンド|ツイッター(Twitter)でいまHOTな話題は?ランキングは?
「ついっぷるトレンド」とは、ツイッター(Twitter)上で話題のHOTワード・画像等のランキングをリアルタイムでお届けするTwitter話題ランキングサイトです。

キーワード重要性の理由

私は、実験用のブログしか運営していませんので、アクセスは少ないですが、
SNSと連動されているブログのある記事のアクセスをここで紹介しましょう。

珍しいことに、Facebookからのアクセスが56と一番多くなっています。

これは消して私のFacebookページのフォローが多いわけではありません。

このとおり0という状態で、イイネの数も他の投稿に2つぐらいあるだけです。

何故Facebookのアクセスが多かったかというと、年齢層の高い人向けの記事だったからです。

おそらく現役引退が近い50歳台向けの記事だったからです。

Twitterからのアクセスは、4しかありませんが、実はTwitterもこの記事の時のフォローは

3しかありませんでした。

画像を撮ったときには5になっていましたが、2020年12月に作ったアカウントで、

5つしかフォローがなくて、しかも35歳平均といわれるTwitterからもアクセスがある

ということが、凄いと思いませんか。

つまりフォローを育てなくても、興味を引く記事であれば、アクセスが有ると言うことです。

さらにみて欲しいのが、検束エンジンからのアクセスも発生しています。

つまり全くSEOを意識していなくても、ある程度検索数がある、弱いキーワードならば、

検索エンジンからもアクセスがくるということです。

ですから、SEOは考えずにSNSアクセスを取ればいいのだけれども、

多少は検索エンジンからもアクセスが来るようなキーワードで記事を書いた方がいいというのが分かるでしょう。

SNSは投稿した日と翌日ぐらいしかアクセスが来ない場合もあるので、

安定してアクセスを稼ぐならば、キーワードも大事だということです。

1記事1記事がアクセスが少なくても、積もり積もれば増えていきますからね。

さらに過去記事投稿で、その記事が忘れたころに投稿されればまたSNSからアクセスが来るわけです。

ただしトレンド記事で、その時しか盛り上がらないネタは過去記事投稿してはだめですけれどね。

こちらを見て下さい。
こちらは、別の実験ブログで、アニメやゲーム系ものです。

ですので投稿も若者向けの記事です。

こちらは、Twitterから124アクセス。

グーグル以外の検索エンジンも含めて、32アクセス。

Facebookが7アクセスとなっています。

つまりつまり興味を持つ年齢層が違うと言うことですね。

Facebookページは別のページですが、やはりフォローは0です。

Twitterも別のアカウントですが、フォロワー集めしていないので、

なんとたったの34しかありません。

これでフォロアーいなくても、キーワードの需要と、画像があれば、
ちゃんとアクセスが来ることが分かります。

そして、自動投稿で過去記事投稿する度に、SNSからアクセスがあり、

キーワードで検索エンジンからもアクセスがあるので、

アクセスは増加していく仕組みができているということになります。

時にはキーワードを気にせず書く記事も有ってもいいでしょうが、

キーワードを大切にして記事を書いていけば、記事を書かないときも、

検索エンジンや過去記事自動でアクセスがくるのです。

毎日何記事もトレンド記事を書くよりもずっと現実性がありますよね。

キーワードの調査

一応初心者向けに、キーワードの調査という点で解説しておきます。

ブログでキーワードを重要視している人はたいてい知っているでしょうが、

無料ツールだと、

キーワード検索数 チェックツール|無料SEOツール aramakijake.jp
検索数予測(アクセス数比較)ツールなどの...

アラマキジャケ 関連キーワードと検索数が調べられる

検索ボリュームがある程度分かるので便利です。
欠点としては、検索数あるはずなのに表示されないものもありそうなのと、

関連キーワードは出できますが、複合キーワードの取得がしにくい点です。

ラッコキーワード

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))
無料で使えるキーワードリサーチツール。一瞬でキーワードリサーチに必要な情報を収集してくれる、コンテンツ制作者のためのツールです。読者、視聴者が求める情報を把握してより良いコンテンツ作りを目指しましょう!

グーグル検索のキーワードを表示してくれて、ついでにページ内にグーグルトレンドも出してくれるので結構便利に使えます。

これでみると、テレワークは、非常事態宣言で伸びて、また年末に増えてますね。

増減はあるものの、これからも継続的な需要のあるキーワードとなるでしょう。

keysearch Beta

このようなツールもあります。

このような無料ツールは、キーワードの競合の度合いとかは分からないので、
完全ではありません。

キーワード競合の度合いは、一定期間無料とか、ある制限までは無料とか、
基本有料ツールでないと調べられない場のが普通です。

その中で一番安いのはキーサーチです。

キーサーチについてはこちらの記事で書いています。

ペラページアフリエイト・商標アフリエイトは今でも稼げるのか?学べることまだある?動画解説
ペラページアフリエイト・商標アフリエイトについてのノウハウ動画をUPしました。有料販売していた動画ですが無料公開します。2020年春以降この手法は難しくなりましたが、今のアフリにも役立つヒントはあります。第二弾は、中ドメインを...

アドセンスブログの場合、キーワードの単価も考える必要があるので、
こちらも読んでおいて下さい。

また月3000円ほどで、日本語で使える、Ubersuggestというのもあります。

あとはだいたい1万円超えの物がおおいですね。

SEOの被リンク分析・競合調査ツール | Ahrefs(エイチレフス)
60万人のデジタルマーケターが導入しているSEO分析ツール日本オフィシャルサイトです。SEOの被リンク分析(バックリンク)や競合サイト調査、ソーシャルシグナルの調査などが簡単にできます。
SEMrush 日本 | オールインワン競合分析ツール | 株式会社オロ
SEMrushの日本公式サイト。SEMrushはSEO、広告、SNS、コンテンツマーケティング、競合分析を実現するオールインワン競合分析ツールです。世界500万人に愛用され、月額9.95からと圧倒的なコストパフォーマンスで利用可能。

内部分析とか、被リンクとか、競合比較とか、以前は重要でしたが、
今は、もうドメイン自体が、法人とか、公式とか、

そういうもので圧倒的に有利になってしまうので、
法人や有資格者同士が競合分析するのには必要でしょうが

個人が新規ドメインで勝負してもほぼ何しても勝てないので、
高価なツールを使う必要はないでしょう。

あと、キーワードというのは、最初に何を拾おうという最初のひらめきもある程度必要になります。

では実際どんなキーワードを拾うのか、
私が教えている人達に配ったり、ココナラなどで販売しているキーワードについて

どのようにまとめているのかを紹介します。
ここからは書くのは大変なので動画内のみにて紹介します。

タイトルとURLをコピーしました