情報商品からコスメまでほったらかしでOK!SNSアフリエイトの仕組み解説

どんな商品にでも可能な、自動でほったらかしで宣伝していく仕組みの作り方を紹介します。

こちらのSNS連動自動化の仕組みを作ればほったらかしにできます。

ステップ1

例えば、1つのアフリエイト商品があったとします。

いえ、アフリエイト商品でなくても全然OKです。

WordPressに売りたい商品、アフリしたい商品のLPを1記事作ります。

この一記事だけは、しっかりと作ります。

もちろん複数売りたい場合は、複数の商品の記事LPを作ります。

ステップ2

その商品を売るための140自程度の呟きを作ります。

これは、別のカテゴリー例えば、「呟き」などを作って複数作ります。

1時間毎に投稿する場合は、LP記事を1つとして、呟きで、最低24記事(呟き)、

つまり、呟きを23パターン作ります。

2商品でれば、最低10呟きということになります。

2時間毎に投稿する設定にするのであれば、この半分ですね。

そしてこの呟きは、リダイレクト設定で、LP記事にとばすようにしておきます。

これで、トの粒役をクリックしても、LP記事にいくことになります。

呟きにも、アイキャッチ画像を入れ他方がアクセスが良いです。

たとえば、こんな風にフリーの画像に、文字をいれて作りましょう。

ステップ3

拡散自動化の仕組みを設計しましょう。

A  WP1対SNS1の基本パターン

B  WP2対SNS1の基本パターン

C  WP1対Twitter4+FB1の効率的パターン

ブログが一つだけでもTwitterアカウントを増やせば、拡散は早くなるでしょう。

D  WP4対Twitter4+FB1の理想パターン

一番拡散の効率が良いと思われるパターンです。

情報商材などは特にこれぐらいは必要だと思います。

2つでも、3つでも、いいと思いますが、4つぐらいやった方が効率的だと思います。

 

あとはフォローを作るだけ

後はTwitterのフォローを増やすだけです。

商品アフリで、その商品やサービスでの検索がされる場合は、

フォローさえ適当でもいいです。

情報販売とか、ビジネスの場合は、やはりフォローは作っていかないとですね。

Facebookは、投稿の宣伝を100円ぐらいからできますので、

その方が手っ取り早いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました